事業資金を得るためにはどういった手段があるのか?

経営が安定している会社は銀行の融資を頼りにできる

事業資金を得るには様々な方法がありますが、創業から長い期間が経過しており、かつ経営が安定している会社であれば、大手銀行や地方銀行の融資を頼ることが可能です。融資が可能な金額については、それぞれの銀行の方針や会社の業種、事業内容、過去の業績などによって大きく異なります。また、融資部門の担当者との関係によって、一度に融資を受けられる金額が左右されることもあるため、いざという時に備えて日ごろから良好な関係を築いておくことがポイントです。なお、複数回にわたり事業目的での融資と返済を繰り返して実績を積むことで、貸付金利が低くなったり、各種手数料が安くなったりすることもあり、それぞれの銀行の事情をよく理解することが重要です。

ベンチャーや個人事業主はクラウドファンディングも

ベンチャー企業や個人事業主など銀行からの多額の融資を期待できない場合は、ネット上でクラウドファンディングを行って一般の消費者から資金援助をしてもらうという方法もあります。クラウドファンディングを成功させるには、信頼度が高い仲介サイトを利用するのはもちろんのこと、事業のビジョンやコンセプト、将来性などを分かりやすく伝えたり、魅力的な見返りを用意したりすることが大切です。また、社会的な知名度が低い企業や個人事業主がクラウドファンディングを行う場合には、すぐに目標額を集めるのが難しいケースも少なくありません。そこで、場合によってはクラウドファンディングの成功者に助言を聞いたり、専門のセミナーに参加をしたりするのも有効です。

事業資金はビジネスの元手です。開業資金、ビジネス拡大のための運転資金などが必要になります。自分で貯めたお金で足りないときは、公的金融機関や銀行などからの借り入れでまかなうこともあります。