事務処理だけではない社労士の仕事内容とは!?

申請書などや帳簿の作成は社労士の独占業務

開業している社労士の仕事の内容は、大きく分けて3つあります。1つは労働保険、社会保険に関する申請書や届出などの作成やその提出の代行になります。厚生年金保険、健康保険の資格取得届や被扶養者届、算定基礎届などがあります。2つ目は労働保険、社会保険に関する、先に挙げた申請書や届出以外の帳簿の作成事務です。労働者名簿、賃金台帳、就業規則などの作成がこれにあたります。この2つの業務は社労士の独占業務になっていて、報酬をもらってこの業務ができるのは社労士だけです。委任状があれば、弁護士や行政書士などの他の士業が、単なる代理人ということで行うことは可能ですが、報酬を受け取ることはできません。

年金請求手続きもある相談業務

3つめは労務管理などに関する相談業務になります。労務管理は、企業の従業員が十分な能力を発揮して最大の成果を上げるための施策などと定義されていますが、経営に必要な要素の1つである「ヒト」に関する管理です。採用、教育研修、賃金、昇進、労働条件、福利厚生、退職など多くの項目を取り扱うことになります。これには年金相談も含まれます。従業員の定年再雇用の際に、雇用形態をどうするのか、在職老齢年金との兼ね合いで報酬額をいくらに設定すればよいのかと言ったことが問題になるのです。場合によっては事業主やその従業員の年金請求手続きを行なうこともあるでしょう。年金請求手続きを専門に行う社労士もいます。企業と顧問契約を結ぶのであれば一通りのことができる必要があります。

渋谷の社労士は、都内の中心部に拠点を構える大手から中小企業までカバーしており、就業規則の作成から労働相談まで対応できる人が重宝されています。