高校受験向けの塾に行く理由は何?いろいろな対策ができるんだって!!

苦手科目を克服するために塾に行く

多くの中学生は高校進学時に初めて受験を経験します。学校においてもテストは受けますが受験は一発勝負なので失敗はできず緊張もします。得意科目でしっかり勉強していたとしても実力が発揮できるわけではありません。ましてや苦手科目があると合否に大きく影響するでしょうから何とか受験までに対策をしておく必要があるでしょう。苦手科目を克服したいときにいいのが塾で、集団指導塾の他個別指導塾の利用も可能です。集団指導塾だといろいろな科目を受けるのでしょうが、個別指導塾は自分の受けたい科目だけを選ぶコースもあるので経済的かもしれません。学校で習ってわからない内容も塾であればしっかり教えてもらえ、受験までに苦手意識を減らせるでしょう。

内申点アップのための塾利用

高校受験で大事なのは入試試験になりますが、試験と同じくらい大事になるのが内申点です。中間テストや期末テストの結果であったり学校での生活態度が評価され、その点数が良くなければいくら入試試験の点数が高くても合格できないときもあります。どうしても行きたい高校があるがテストの点数があまり良くないのであれば塾を利用してみましょう。塾の中には中間テストや期末テスト対策をしてくれるところがあり、試験前などに学校の教科書を使って復習などをしてもらえます。学校の授業で理解できず自分で勉強しても理解できていなくても塾で教えてもらえば理解できるかもしれません。入試が近づいてくると入試対策をしてくれるところも多いです。

学習塾での指導方法の種類の一つが、個別指導です。先生と生徒の1対1、もしくは生徒2~3人で行うもので、ひとり一人に合わせたきめ細やかな指導が特徴です。