受験に向けた自分に合った学習塾の選び方はこれ!

自分で学習ができる環境があるか

塾で、自分で学習することができる環境があれば勉強がはかどるでしょう。図書館にある自習室のような部屋を持っている学習塾であれば、そこで塾や学校の宿題、予習や復習をすることができます。周囲でライバルの学生が勉強しているため、自宅で学習するよりもモチベーションや集中力が高まる可能性もありますね。期末テストや中間テスト対策としても活用することができるので、人気を集めています。中には、個別指導のコースを設けている塾もありますが、わからないときはその場で先生に聞くことができるので、不明点が明確になり学習がはかどります。

分かりやすい先生かどうかを見極める

塾に通っていても先生の指導が自分に合っていなければ意味がありません。また、質問がしやすい雰囲気であるかどうかも重要です。このことを把握するには体験入学をして、実際に授業を受けることで体感することがポイントです。先生の指導だけでなく、自分が楽しく学習できる雰囲気であるかや教材が分かりやすいかなども重要です。塾によっては、無料で見学会を実施しているところもあります。夏休みに夏期講習に参加してみるなど、リーズナブルな価格で一度入塾してみることも一つの方法です。

受験の対策が充実しているかどうか

自分の志望校の合格率が高いかどうかも重要です。合格率が高いということは、その学校の受験対策ができているということです。例えば、予想問題が的中したり、受験問題に直結した指導がたくさんできている塾だということが出来るでしょう。また、最近では、タブレットやパソコンの普及により、難問に対して動画を使ってわかりやすく解説してくれる受験対策塾もあります。

学習塾を選ぶ際に気を付けたいのは校舎の雰囲気です。いくら授業や教え方が良くても雰囲気が悪いとモチベーションが下がります。