「個人型確定拠出年金」で老後の準備を始めよう!

年金をもらうまでの生活費の準備

現在日本では、公的年金が支給されるのは原則65歳からとされています。

しかし、定年が60歳という方も多いと思いますが、年金支給開始までの5年間は、自分のお金だけで暮らしていかなければなりません。60歳から65歳までに必要となる生活費は、1か月32万円と算出されるデータがあり、5年間で合計1920万円ものお金が必要になります。

さらに将来的には、この年金受給年齢が引き上げられる可能性もあります。

そこで年金をもらうまでの生活費の準備として、個人型確定拠出年金をご紹介します。

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは、いわゆるiDeCoと呼ばれるもので、国が定めた制度です。

投資信託や預金、保険など選べる商品の種類が豊富なため、自分自身のリスク許容度に合わせて、商品を組み合わせることができるのが魅力です。

また最低投資金額も5000円からとされており、気軽に始めることができるのではないでしょうか。

他にも運用益、所得税や住民税が非課税対象になる、お得な税制メリットが用意されています。

「年金」という特徴を生かす

個人型確定拠出年金の運用可能期間は60歳までです。原則60歳まで資金を自由に引き出すことができないため、老後の資金と割り切って、自分年金を作り出すことができます。

逆をいえば、病気やケガ、冠婚葬祭など急な出費が発生したときに「払い戻せないと困る!」という方は、個人型確定拠出年金の検討を見送ることが賢明かもしれません。

きちんと特徴を理解して、自分自身の投資スタイルに合わせて決めましょう。

個人型確定拠出年金は個人年金の一種で、加入者自身の責任において資産運用を行うことで将来の年金額が変動するという特徴を持っています。掛金は所得税の控除対象となります。