ビットコインを使う前にやっておくこととは!

ビットコインを購入したらウォレットを作りましょう!

取引所やビットコインATMでビットコインを購入したら、そのビットコインを自分で保管しておく専用のお財布を作る必要があります。このお財布のことをウォレットと呼び、セキュリティの向上のためにはマストアイテムとなっています。実際、取引所でビットコインを買ってそのままにしておくこともできますが、ハッキングのリスクがあったり取引所自体が破綻してしまうとビットコインが引き出せなくなる恐れがあります。自分の資産がなくなってしまってからでは遅すぎますので、まずは自分のウォレットを作ることが大切です。

ウォレットにはどんな種類があるのか

ウォレットにも様々な種類があり、保管場所によってモバイルウォレット、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットに分けることができます。最もセキュリティ度が高いのが紙で保管するペーパーウォレットとオフラインの環境で専用の端末を使用して保管するハードウェアウォレットです。次にセキュリティ度が高いのはパソコンから管理するデスクトップウォレットです。この三つは多額のビットコインを保管したり長期保有したい場合にお勧めです。反対にセキュリティ度が比較的低くなるのがインターネット上で管理するウェブウォレットとスマホにアプリをダウンロードして使用するモバイルウォレットです。この二つは頻繁にビットコインの出入金をする人におススメです。買い物の代金を支払うといった日常使いにはモバイルウォレットが最も適しています。

ビットコイン取引所の比較をする際に気にしなければならないポイントは取引所を運営する会社の安全性、二段階認証や補償サービスなどのセキュリティ、取引の種類です。