知ってオトクに!?個人型確定拠出年金の基礎知識

個人型確定拠出年金ってどんなもの?

個人型確定拠出年金は、2001年10月から運用が始まった「自分で準備できる自分の為の年金」です。2017年の改正以前は自営業者や、企業年金制度が整っていない企業の従業員しか加入できませんでしたが、改正後は専業主婦の方も含め60歳未満のほとんどの方が加入できるようになりました。加入できる対象者が増えたことに加え、節税対策にもなるということで利用者は年々増加傾向にある注目の制度です。なお、イデコは個人型確定拠出年金の愛称です。もっと親しみをもってもらうために2016年にキャンペーンが行われ、公募で決定しました。

個人型確定拠出年金のオトクとは?

個人型確定拠出年金のオトクは大きく分けて以下の点が挙げられます。まず、確定拠出年金に回したお金は所得から引いてくれるので、その年の所得税や翌年支払う住民税が安くなるという点です。個人経営の方は確定申告、会社員の方は年末調整でお金が戻ってきます。次に、運用中の利益は全て非課税であるという点です。非課税ということは、自分のお金が増えやすいと言えます。最後は、60歳以降に年金を受け取る時も税金が安く済む場合があるという点です。支払う税金が安く済めば、手元に残るお金が増えるのでオトクですよね。

オトクだけではなく注意点もあります!

1番の注意点は、個人型確定拠出年金で掛けたお金は基本的に60歳まで引き出すことができない、という点です。ただ、見方を変えれば60歳時点での資金を確実に残しておけるとも言えます。無理のない範囲で掛ける金額を決定・運用することをお勧めします。個人型確定拠出年金の基礎知識をお伝えしましたが、いかがでしたか?将来の自分のため、一度個人型確定拠出年金の利用を是非とも検討してみてください。

イデコとは個人型確定拠出年金のことで、個人で投資信託を購入し運用します。掛け金は確定申告で全額控除されます。